TEL 092-580-8733
診療時間9:00~12:30/14:30~18:00

〒812-0854
福岡県福岡市博多区東月隈4丁目2-5

西鉄バス「月隈団地」 バス停下車 徒歩1分
24時間ネット受付

福岡市博多区 いなば耳鼻咽喉科 耳鼻咽喉科,アレルギー科,花粉症、アレルギー性鼻炎

鼻の病気

  • 耳の病気
  • 鼻の病気
  • くち・のどの病気
MOBILE
HOME»  鼻の病気

副鼻腔炎

鼻の周りの副鼻腔と呼ばれる骨に囲まれた空洞の中で起こる炎症性の疾患を副鼻腔炎と呼びます。俗に蓄膿症とも呼ばれます。症状としては膿のような鼻水が出る、鼻づまり、たんがのどに絡まる、ほっぺたが痛い、頭痛、臭いにおいがする、においや味がしない、歯が浮いたような感じがするなどがあります。治療は抗生物質や去痰剤の投与を行いますが、慢性化してなかなか改善しない場合や鼻内のポリープを伴う場合は手術を考慮します。

アレルギー性鼻炎(花粉症)

アレルギーによる鼻炎で季節性と通年性のものがあります。季節性のものはほとんどが花粉症です。症状としてはくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどがあります。治療の原則は抗原となる原因物質の排除となりますが実際は難しいことが多いため症状をコントロールするため抗アレルギー薬や点鼻、点眼薬を使用します。また薬によってコントロール困難な場合は手術を考慮します。最近は舌下免疫療法も注目されています。

鼻出血

ほとんどが鼻の入り口付近の粘膜からの出血で、繰り返す場合でも出血量はそれほど多くなくあまり心配ありません。元気な子供さんの鼻出血はこのパターンで鼻ほじりが原因のことが多いです。しかし大人の鼻出血で特に鼻の後ろ側からの出血は止血が困難なため注意しなければなりません。口から血の塊を吐き出したり、両方の鼻から絶えず鼻血が出続ける場合などはすぐに耳鼻科を受診しましょう。またまれにですが鼻の中のできもの(癌など)が原因の場合もあります。

PAGE TOP