TEL 092-580-8733
診療時間9:00~12:30/14:30~18:00

〒812-0854
福岡県福岡市博多区東月隈4丁目2-5

西鉄バス「月隈団地」 バス停下車 徒歩1分
24時間ネット受付

福岡市博多区 いなば耳鼻咽喉科 耳鼻咽喉科,アレルギー科,花粉症、アレルギー性鼻炎

耳の病気

  • 耳の病気
  • 鼻の病気
  • くち・のどの病気
MOBILE
HOME»  耳の病気

急性中耳炎

ほとんどは風邪の症状に伴って鼻の奥と耳をつなぐ耳管という管を伝わってウイルスや細菌が鼓膜の奥に入ることが原因で起こります。耳の痛み、発熱、耳だれ、耳のつまり感、子供さんの不機嫌、などの症状があります。1~3歳くらいまでの子供さんによく発症します。放置すると長引くことがありますので早めの治療をお勧めします。

滲出性中耳炎

主に急性中耳炎のあとに鼓膜の奥にたまった液が抜けずにそのまま残ってしまったものです。通常痛みはありませんが、聞こえが悪く呼んでも振り返らない、テレビの音量が大きい、耳が詰まった感じがするなどの症状で受診されるケースが多いです。通院治療で治ることが多いですが治りが悪い場合は鼓膜に穴をあけて小さなチューブを入れることがあります。

慢性中耳炎

鼓膜に穴が開いてふさがらない状態で耳だれや難聴などが主な症状です。耳だれが続いているときは通院治療が必要です。点耳や耳の洗浄、場合によっては抗生物質の内服を行うことがあります。完全に治すには手術が必要です。

真珠腫性中耳炎

中耳に真珠腫という垢の塊ができて周囲の骨を溶かして様々な症状が出現する中耳炎です。難聴や耳だれはもちろんですが進行すると顔面神経麻痺やめまいまで起こすことがありますので注意が必要です。治療は早期の手術が必要です。

外耳炎

耳の奥にある鼓膜までの部分を外耳道と呼びますが、この部分に炎症があると外耳炎ということになります。耳かきによる傷や入浴、水泳がきっかけになることが多いです。夏季に多くみられます。症状としては耳の痛みが主な症状ですがひどくなると耳だれや出血、軽い難聴や耳のつまり感が出現したりします。外耳道の清掃と軟膏や点耳薬の治療で治癒しますが、ひどい場合は抗生物質や鎮痛剤の処方が必要になることがあります。治癒するまで原則耳を触らないように指導します。

突発性難聴

ある日突然、前ぶれなく片方の耳が聞こえなくなる原因不明の病気です。症状としては難聴のほか耳鳴り、めまいを伴うことがあります。できる限り早く治療を開始することが重要で遅くとも発症から2週間以内に開始することが望ましいです。ステロイド薬や循環改善薬、ビタミン剤などを併用した薬物治療が多くの施設で行われていますが場合によっては入院加療が必要なこともあります。

メニエール病

突然ぐるぐる回るめまいが起こり同時に片耳が聞こえにくくなったり、耳鳴り、耳のつまり感が出現したりします。めまいは30分くらいから数時間続き、めまいが軽くなると難聴や耳鳴りも同時に軽くなります。難聴は低い音が聞こえづらいという特徴があります。治療は抗めまい薬や利尿剤を使います。

良性発作性頭位めまい症

何気なしに頭を動かしたり、寝返りを打ったりしたときなどに激しい回転性のめまいを生じます。めまいは一瞬で長くとも数十秒で治まります。吐き気などを伴うことはありますが難聴や耳鳴りなどを伴うことはありません。内耳の体のバランスをとるところの異常により生じ、耳が原因のめまいの中で一番多いと言われています。良性といわれるように2,3週間もすれば症状は消失します。最近では頭位変換療法という理学療法が有効だといわれています。

前庭神経炎

風邪などの症状のあとに激しい回転性のめまいが出現し、通常数日から一週間程度続きます。めまい、吐き気、冷や汗などが症状ですが、難聴や耳鳴りは伴いません。3週間程度までにはだいたい落ち着きますが半年程度ふらつき感が続くことがあります。急性期の治療は安静と点滴、内服薬による治療が必要になります。

中枢性めまい

体のバランスの情報などを処理する小脳や脳幹の病気が原因となるめまいです。一般にめまいが起こると脳に異常が起きたのではないかと思われる方が多いですが一般的に脳の病気が原因で起こるめまいは比較的少ないです。ほかに意識がもうろうとする、言葉が出ない、手足が動かしにくい、感覚がマヒしている、激しい頭痛がするなどの症状が伴う場合は速やかに医療機関を受診してください。脳出血や脳梗塞、脳腫瘍等が疑われることになります。

顔面神経麻痺

ある日突然顔の半分が動きにくくなる病気です。目が閉じれない、水を飲むとこぼれるなどの顔の症状のほかに難聴やめまい、耳が痛い、涙が出づらいなどの症状が出ることがあります。原因はヘルペスやみずぼうそうなどのウイルスの感染が原因と言われています。自然に回復する場合もありますが重症の場合後遺症を残すこともありますので早めに受診してください。

PAGE TOP